勝手過ぎるマンション管理用語集(メルすみごこち事務所)

事実は一つ、解釈は人次第。マンション管理コンサルタント事務所の用語集です。

用語集 ひ

マンション標準管理規約とは、マンションのルールブックである「管理規約」の雛形・サンプルを言います。2004年1月に国土交通省から出されたものが最新版です。

管理規約の意味はこちらをクリック



マンション管理士よりひとこと
管理規約はマンションのルールブックであり、日本国で言えば「憲法」にあたります。
管理規約区分所有法などの関係法規から逸脱しない限り、自由に制定・変更することができます。
マンションごとに独自のルールがあってよいわけです。

しかし標準的なルールがないと独自のルールも作れません。
そこで、マンション管理業界に携わる専門家の意見を参考に、この標準管理規約が作られました。いわばサンプルです。

標準管理規約を使うことは「義務」ではありませんが、過去におけるマンショントラブルや規約の不備による問題などを取り上げて改善されていますので、新築時にデベロッパーや管理会社が作成する管理規約はほとんど標準管理規約に準じて作成されています。

一方、「タワーマンション」「大規模(メガ)マンション」「リゾートマンション」「高齢化や賃貸かが進むマンション」などでは、この標準管理規約では解決できない問題が山積しており、マンションごとにカスタマイズが必要です。


マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

秘密保持義務=守秘義務です。
(守秘義務の用語はこちら)



マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

ビオトープとは、生き物(bio)が自由に生息できる場所(top)という意味の合成語を指します。
語源はドイツ。
 マンション管理において、最近は都市部の公園や大きな団地の敷地内に少増えていて、施設を利用する人が自然の中の雰囲気を体験できるように配慮した施設になっています。
施設内には、小川や池、雑木林を人工的に作り、それらを憩いの場に仕上げます。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

ピロティとは、マンションの一階部分のうち、壁がなく柱のみで構成されている空間を言います。wdwwwf車庫スペースとして使われるケースが多い。


マンション管理士よりひとこと

阪神淡路大地震や東日本大震災のとき、築年数のかなり経過したマンション(昭和56年築以前の旧耐震基準の建物)の中でも、1階がピロティになっている建物の多くが被災しました。

2階以上を支えるべき1階に壁(耐震壁)がなく、
柱のみでは支えきれなくなったためです。

ピロティ部分は駐車場や自転車置き場・トランクルームなどを設置するなど便利で、et543t

都心部で昭和の時代に建ったマンションの多くが、狭い敷地を有効活用すべく、
1階ピロティが多く採用しています。

しかしこれらのマンションは新しい耐震基準を満たさないものばかりで、
果たして自分のマンションは大地震の解き本当に大丈夫かしら?
と悩む方も多いことでしょう。

ピロティタイプのマンションの生命線は柱です。この柱を強化すべく、
柱に炭素繊維シートを巻いて補強しているところや
柱と柱の間にブレース(筋交い)を入れているマンションは、
管理組合に高い耐震の意識がある、と言うことができます。


マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルコンサルティング

↑このページのトップヘ