勝手過ぎるマンション管理用語集(メルすみごこち事務所)

事実は一つ、解釈は人次第。マンション管理コンサルタント事務所の用語集です。

用語集 と

ドレンとは、マンションの共用廊下や屋上にある排水口を言います。よくあるのは鋳物のお椀(ストレナー)で大きなゴミの進入を防ぎ、雨水だけを流すように作られています。


☆マンション管理士よりひとこと
特に屋上のルーフドレン(排水口)の詰まりは定期的に除去してください。
ドレンの周りに土砂が溜まりやすいのと、濡れた落葉などがお椀へ何重にもかぶさるのとで、排水できなくなっているところをかなり見かけます。

管理人のいるマンションでは、彼らが屋上を定期的に巡回し、ゴミや土砂、枯葉などを取り除いてくれているでしょう。

しかし管理人のいない小規模マンションや、屋上へ上がる階段がなく管理人が登るのに危険なマンション、風の強いタワーマンションなどでは、常駐スタッフによるドレンのこまめな清掃はできません。

そのようなマンションでは、ドレン周りのゴミ除去を定期清掃のついでに実施してもらいましょう。

近くに緑が多く土砂や落葉が舞い込んでくる可能性の高いところを除き、少なくとも年2回程度の清掃を依頼しましょう。夕立の多い夏の前と冬(落葉が落ちきった後)の実施が理想的です。

またルーフバルコニー先(手摺とパラペットの間)でドレン回り清掃をする場合には、プライバシーを考慮しルーフバルコニーを使用する居住者へあらかじめ告知しておく必要があります。

屋上が排水不良になると極端に言えばプール状態となり、防水の切れ目から雨水が浸入し最上階住戸の雨漏り原因となります。

トラップとは、(正式には排水トラップ。)マンション管理において、排水管の排出途中に水が溜まる部分(トラップ)を設け、排水の臭気が室内に逆流してくることを防ぐ機能を指します。
トラップの形状から「S」「P」「U」「ドラム」など名前や種類か異なります。

20081208-02

















☆マンション管理士
よりひとこと
パイプ洗浄剤のテレビCMや、洗面台の下の扉を開けたときに見かけるパイプのグニャっと曲がった部分の事です。
臭気や害虫の防いでくれるので、たくさんあればあるほど良さそうな機能ですが、一本の配水管にトラップを2つ以上設ける「二重トラップ」は、排水官の内の圧力を変化させ、かえって排水の妨げになるので、占有部のパイプの取替えなどを自分達の手で行うときは、二重にならないよう気をつけましょう。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

投資型マンションとは、区分所有者が自ら居住せず、賃貸を目的として運用するマンションのことを指します。
いわゆる「ワンルームマンション」の形態が多く、1年間の家賃収入と購入価格を比較して、「利回りが○パーセント」というような販売や購入を目的とした建物になります。


マンション管理士より一言

投資型マンション
の性質として、居住者と区分所有者別々であるため、お金をかけてマンションをきちんと維持していくという考え方が希薄になりやすいという傾向が強く、分譲型のファミリーマンションと違って、管理組合の活動が活発ではありません。よって管理会社から管理費が割高にとられていたり、管理に手抜きが生じたりと、オーナーの知らないところで数多くの問題が眠っています。

また、居住者が短期間で頻繁に変るため、、マンション内の生活ルールやマナーにも乱れが出ることが多く、最近は都心の一部(文京区や江東区など)の地域で建設を規制している行政も出始めています。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

特定承継人とは、マンション管理において一般的には前の区分所有者、又は競売により裁判所からマンションを購入した「次」の所有者を指します。相続で所有した人は包括承継人とを言います。
いずれの承継人も民法及び区分所有法で前の区分所有者が有していた管理費等の債務を引き継がなければなりません。
「私は前の人からそんなことは聞いていない。」といっても通用しません。


具体的には法律で以下のように規定されています。

特定承継人の責任(区分所有法第8条)
譲渡等によって、マンションの区分所有権を譲り受けたものは前区分所有者が滞納していた管理費等の債務を引き継ぎ、支払い義務が発生する。
条文としては「第7条第1項に規定する債権は、債務者たる区分所有者の特定承継人に対しても行なうことができる。」
*第7条第1項
区分所有者は共用部分、建物の敷地若しくは共用部分以外の建物の附属施設につき他の区分所有者に対して有する債権又は規約若しくは集会の決議に基づき他の区分所有者に対して有する債権について、債務者の区分所有権(共用部分に関する権利及び敷地利用権を含む。)及びその建物に備え付けた動産の上に先取特権を有する。管理者又は管理組合法人がその職務又は業務を行なうにつき区分所有者に対して有する債権についても、同様とする。

マンション管理士より一言
法律文を読むと難しいですが、あるマンションの一室を買った人を「特定承継人」と言い、そのマンションを買ったら、もともとそれに掛かっていた債権、債務を自動的に引き受けるようになっていると考えると分かりやすいかもしれません。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

特別会計=積立金会計です。(用語「積立金会計」へリンク


マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

トランクルームとは、家財道具などを住戸外で収納するスペースのことを指します。マンションでは、住戸内に大きな収納スペースを確保することが難しいケースが多く、代わりとして住戸の外側や地下、別棟にこうしたスペースが設けているマンションがあります。利用にあたってはもともと住戸とセットで専有部分として販売されているケースと、共用部分として、契約者が専有使用料を払って使用できる場合があります。大きなものでは2畳ほどの広さがあるものも存在し、家族のスキー板やサーフィンボード、マウンテンバイクなど大型のスポーツ・レジャー用品を倉庫代わりとして収納したりする方が多いようです。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

↑このページのトップヘ