勝手過ぎるマンション管理用語集(メルすみごこち事務所)

事実は一つ、解釈は人次第。マンション管理コンサルタント事務所の用語集です。

用語集 す

マンション管理において、スリットとは、ズバリ「すき間」のことを意味し、建築物の揺れなどによる、壁や柱のせん断破壊を防ぐため、建築物のコンクリート等の間をわざと設ける「遊び」の部分を指します。
特に、柱と壁の縁を切る耐震用のものを「構造スリット」あるいは「耐震スリット」と呼びます。


マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

すまい・る債とは、マンション管理において非常にポピュラーな、住宅金融公庫が発行する積立債券を指します。最高10年まで積立が可能で利回りも長期保有すると定期預金よりも有利となっています。
預金保険機構の保護対象外商品だが実質的には国が保証していると考えて問題ありません。申し込みは毎年7〜10月ごろで購入は翌年2月ごろです。一時期ペイオフ対策商品として注目され、04年度は人気商品として従来の二倍の申し込みがあったそうです。

マンション管理士より一言
2006年までに住宅金融公庫は独立行政法人に移行しますが、公庫の義務はそのまま引き継ぎますので現在の債権は安心です。

しかし、個人的な考えですが
?金利が長期国債並みに良い
?元本が安全
?1年以上保有すればいつでも解約(買い戻し)自由で、しかも手数料が掛からない。
こんな条件がいい債券を、民間的センスが必要な独立行政法人がいつまでも続けるとは限らないので、買っておくなら今のうちかもしれません。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

スラム化とは、マンションの適正な維持管理が長年に亘り滞った結果、マンションが建物・コミュニティー共に荒れていくことを言います。

マンション管理士より一言
スラム化が進みやすいマンションの傾向としては、
・築年数が立ち区分所有者が高齢化しているマンション
・区分所有者の殆どが住んでいないワンルームマンションリゾートマンション
繁華街の駅前等に立地し、専有部分に夜の店舗が入ったり住居部分がその従業員の住まいに使われている複合型マンション
等があります。

こういったマンションでは、「財務」と「コミュニティー」の両方が崩壊し、「建物・設備のメンテナンス」も行われず内外からスラム化が進行します。


マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

ステップフロアとは、高さの変化がある床を指します。例をあげると、リビングの床をダイニングや通路よりも低くしたつくりなどがあり、壁や間仕切りを設けることなく、空間に視覚的な変化を取り入れることができる事が特徴です。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

水道直結方式とは → 直結直圧方式とは をご参照下さい。



マンション管理組合 用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

スケルトンとは、マンションにおいて、内装工事などを施す前の空っぽの状態を指します。
したがって、スケルトン販売では、マンションを購入した人が、別途で、内装工事などを調達する事になります。これにより、購入者は間取りや仕上げなどを自由に設計できるメリットが生まれます。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

数寄屋造りとは、書院造りのように形式にとらわれず、自由にデザインした和風建築を指します。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

スキップフロアとは、エレベーターの停止階を1階おき(たとえば奇数階)などにする方式を指します。
エレベーターが停止しない階は、外廊下やエレベーターホールのスペースが不要になるので、その分主採光以外にもバルコニーを設けることができるというメリットが生まれます。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

スクラップアンドビルドとは、老朽化した建物・設備を取り壊し、新しい建物・施設などに建替える様を表現したものを指します。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

出納(業務)とは、マンション管理において住民から管理費・修繕積立金等の収納や、電力会社等への料金支払いなど、管理組合の会計からお金やモノを出し入れをすることを指しています。

マンション管理組合用語集ブログ

マンション管理士 メルすみごこち事務所

↑このページのトップヘ